リスニングと単語を並行して勉強

 

字幕なしで映画やニュースを楽しみたい

そろそろシニアに近づいてから、英語を勉強したいと思うように
なりました。というのは、年齢と共に英語のドラマや映画やテレビの
ニュースなどを見る時に、日本語の字幕を見るのが面倒になってきた
というのが大きな理由です。

 

 学生時代

 

元々英語は得意でも苦手でもありませんでした。
でも私たちの学生時代には機器がなかったこともあって、英語の
リスニングはほとんど行われていませんでした。先生の発音も、
いわゆる日本語英語でしたから、たまにネイティブの会話を耳にしても
さっぱりわかりませんでした。

それでも動画を見ていて、簡単な会話では、「あら?今の部分は完全に
訳が省かれている」とわかることもあります。字幕は画面のスペースの
関係上もあって意訳が多いのだと思います。
たしかに作品を全体を見たら意味は通じて、感動は出するのですが、
やはり、直訳の方が分かりやすい部分もあります。
そのような理由で、英語を再び学ぼうと思いました。

 

ネイティブの人と会話

 

語学の勉強は成果が実感できる

今の環境では、ネイティブの人と会話する機会はほぼゼロなので、
自分が話すことは念頭にはないですが、ともかくリスニングができるように
なりたいので、リスニング重視の英語ソフトで勉強しています。
同時に、発音がわかっても単語の意味がわからなければ仕方ないので、
単語学習もしています。語学は、やればやるほどわかってきて成果を
実感できるので、発展途上であっても楽しいです。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • カテゴリー

  • あこがれの海外のモダン家具

    おしゃれなモダン家具はなんとっても海外製品が主流。とくに北欧の家具はシンプルで飽きのこないデザインでとっても人気ですね。英語をマスターすれば、本場での家具選びは楽しくなること間違いありません。目標を持って勉強すれば、上達も早くなります。

    シンプルモダンインテリア
    http://www.bushranger.jp/

  • コルクマットで区切り海外生活スペースに

    赤ちゃんは3歳になるまでに言葉や発音を聞き取る能力を脳が学びます。ですのでその頃までに英語生活をさせてあげると、自然と英語が身近なものになるでしょう。家の中にこういうコルクマットで英語教室スペースを作って、本格的に学ぶ場所を作ってみましょう。コルクの中では英語だけしか話してはいけない、といったルールを作るというアイディアもGOODですね♪
PAGE TOP ↑